Share this!

micro:bitでネバーランドで海賊の隠した宝を探すというボードゲームを作成しました。

山、船、ピーターパン木の家、ドクロ岩、インディアンのテントの5つの場所に磁石の入った宝箱を隠すことができ、micro:bitは磁気センサー機能で探すというもの。

5つの場所は、磁気を通すように、紙コップと紙粘土で作成しています。

磁気の方向は方位磁石のプログラム、磁気の強くなるとスマイルマークが出るようにしました。

方位を示す矢印は磁気が強いときだけ正しく反応、少し離れてしまうと、あちこち指してしまうことも多く、スマイルマークの反応を見るのが一番確実でした。

マイクロビットに電源ボードをつけてしまうと、なぜかずっと磁気を感知した状態になってしまうので、それはやめました。

micro:bit以外のものはほぼすべて100円ショップの材料で、8割は小学校1年生が製作しています。

Share this!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です