Share this!

✔子供にプログラミング学習をさせてみたいと考えている方

✔子供にプログラミング学習をさせてみたいと考えている方

子供にプログラミング学習をさせてみたいけど、いきなりプログラミングスクールや教室にいれて、子供がプログラミングになじめなかったら・・・
プログラミング学習を始めているけど、なんだかあきてしまったみたい・・・というようなお困りの場合につかえるサイトとアプリを紹介します。

✔このブログを読んでいただくと

子供が楽しめるプログラミング学習が見つかり、プログラミングになじめるようになる、プログラミング学習にあきてしまった場合は、プログラミングを今までとは違った形で学ぶことができ、モチベーションのコントロールに役立ちます。

✔記事の信頼性

2017年息子が幼稚園年中になった4月から、週1回、プログラミング教室に通わせ、以来2019年現在も引き続き親子で教室に通い、みっちり学んでおります。

【Code Studio(コードスタジオ)】

https://studio.code.org/courses
学習環境:スマホ、タブレット、パソコン
対象年齢:4歳~
料金:無料。登録しなくても学習できます。
特徴:アメリカの非営利団体Code.orgが提供し、全世界で1億人が利用する初心者向け学習サイト。
ゲーム形式で学習でき、各ステージも短くできているため、子供も飽きずに学習できるプログラミングのドリルのようなサイトです。
また、「マインクラフト」や「アナと雪の女王」のキャラクターも使われていて、子供でも親しみやすい工夫がされています。

【Scratch】

https://scratch.mit.edu/
学習環境:タブレット、パソコン
対象年齢:8歳~
料金:無料 要登録です。
特徴:MITメディアラボが開発し、世界のプログラミング教育現場で、最も多く利用されているアニメでもゲームでも作れるサイト。NHKの番組でも使われています。

【プログラミン】

http://www.mext.go.jp/programin/
学習環境:パソコン
対象年齢:小学校高学年
料金:無料 登録不要
特徴:文部科学省が開発した、アニメーション作成がメインで簡単なゲームも作れるサイト。スクラッチを参考に作られているため、使い方もほとんどスクラッチと同じ。

【MOONBlock】 

https://moonblock.jp/
学習環境:スマートフォン、タブレット、パソコン
対象年齢:-
料金:無料 登録しなくても学習できます。
特徴:秋葉原リサーチセンターが開発し、enchant.js(エンチャントジェイ・エス)と呼ばれるゲームエンジンをベースに作られた教育用のビジュアルプログラミングソフト。
「ゲーム」を作ることを前提とした作りになっているので、すぐにかっこいいゲームが作れる。
組んだブロックはコードも確認できるため、プログラミングに慣れてきた子どもが次のステップ、たとえばJavaScriptも学ぶなど、段階を踏んだ学習にも利用可能。

【Google Blokly(グーグルブロックリー)】

https://blockly.games/
学習環境:パソコン
対象年齢:―
料金:無料、登録不要
特徴:Googleが提供するビジュアルプログラミング言語で、スクラッチのようにブロックを組み合わせてプログラミングを学ぶことができます。
提供されているサービスは「パズル」「迷路」「鳥」「タートル」「動画」「音楽」「ポンド・チューター」「ポンド」の7つ。
最後の「ポンド」:は、ブロックで作ったプログラミングをJavaScriptのコードで見ることができるので、ヴィジュアルプログラミングから、コードを書くプログラミングへの架け橋にオススメです。

【アルゴロジック】

https://home.jeita.or.jp/is/highschool/algo/index.html
学習環境:パソコン
対象年齢:小学校低学年~
料金:無料 登録不要
特徴:一般社団法人電子計算技術産業協会が開発し、プログラミングの基本となる論理的思考(アルゴリズム)をゲーム感覚で習得するための課題解決型ゲームソフト。
コマンドブロックを組み合わせてロボットを動かし、赤い旗にいかに効率よく到着できるかを考えプログラミングしていく。

【CodeMonkey】 

https://codemonkey.jp/
学習環境:タブレット、パソコン
対象年齢:小学校中学年~
料金:最初の30ステージは登録なしで無料体験ができる。有料コースあり。
特徴:
イスラエル生まれのプログラミング学習用アプリケーション。キャラクターをプログラムで動かし課題をクリアしていく。簡単なテキストコードが表示され、数字を入れ替えてプログラミングするもので、ビジュアルプログラミングから、コードプロラミングの架け橋にオススメ。

【プログル】

https://proguru.jp/
学習環境:タブレット、パソコン
対象年齢:小学校高学年~
料金:無料
特徴:小学校の算数や理科の単元に合わせてプログラミング学習を実施するための教材。
小学校で始まるプログラミング学習で使用するために作られている。

【オレサマプログラマー】

http://orepro.info/
学習環境:パソコン
対象年齢:―
特徴:プログラミングスクール「TENTO」が提供し、9つのテーマが各4~12の小問題にわかれているため、順を追って学べる。

【Smalruby(スモウルビー)】

https://smalruby.jp/smalruby3-gui/
学習環境:パソコン
対象年齢:小学校3年生~
特徴:まつもとゆきひろ氏が開発したプログラミング言語「Ruby」を子供でも優しく学べるように設計されたツールで、子どもを中心に精力的にRubyの普及活動を行っているNPO法人「Rubyプログラミング少年団」が提供。
ほぼスクラッチと同じブロックを組み合わせたプログラムをプログラミング言語「Ruby」に変換してくれる。
クックパッドや食べログなどがRubyを利用している。

【CODECOMBAT(コードコンバット)】

https://codecombat.com/ 
学習環境:パソコン
対象年齢:小学校高学年~
料金:無料 登録不要
特徴:簡単なコードを入れて、ゲームをクリアしながらPythonやJavaScriptが学べる。コードもすぐにガイドが出てくるので、最初から最後まで打たなくていいので、直観的にキーボードさえ打てれば、直観的に遊べる。

【Joint apps(ジョイントアップス)】

https://www.jointapps.net/
学習環境:パソコン(Win&Mac)、Androidタブレット
対象年齢:小学校低学年~
料金:無料 登録あり
特徴:デジタルハリウッドが提供する、プログラムを作るためのブラウザーと使うためのAndroidアプリで構成される。
Joint Appsとは? JointAppsとは、プログラムが組み込まれたブロックをつなげるだけで、気軽にアプリ作りが体験できるアプリです。 プログラム言語の習得の必要はなく、簡単な操作で自由に自分だけのアプリをつくることができます。

【HackforPlay】

https://www.hackforplay.xyz/
学習環境:パソコン
対象年齢:小学校高学年~
特徴:ロールプレイングゲーム風プラットフォームで、自分で、 ワープゾーンを設置したり、マップを増やしたりできるので、ゲームを書き換えてオリジナルのゲームを作る形でプログラミングを学べるサイト。

【プログラミングゼミ】

https://programmingzemi.com/
学習環境:タブレット、パソコン
対象年齢 小学校低学年~
特徴:
DeNAが開発した自由制作とプログラミング学習のためのアプリ。
ブロックタイプのプログラミングでインタラクティブなアニメーションやゲームを作成できる。
パソコンでもアプリダウンロード型。

【Scratch.Jr】

https://www.scratchjr.org/
学習環境:タブレット、パソコン
対象年齢 5~7歳
特徴:スクラッチよりもブロックが単純化された、スクラッチのジュニア版。

【Viscuit】

https://www.viscuit.com
学習環境:スマホ、タブレット、パソコン
対象年齢 5歳~
料金:無料
特徴:子ども向けのビジュアルプログラミング環境で、「メガネ」という独特の仕組みで動きやプログラムを作っていく直感的なツール。アニメーションを作ったりゲームを作ることもできる。

【LightBot(ライトボット)】

https://lightbot.com/flash.html
学習環境:スマホ、タブレット、パソコン*アプリ版は有料
対象年齢 4歳~
料金:スマホ・タブレットは無料 パソコンは有料
特徴:ゲーム感覚でプログラミングを楽しく学べる。
キャラクターを“ライトをつける”というチェックポイントに、いかに効率よく到達するかを考え、プログラムを組むパズル的なゲーム。難易度が徐々に上がる。

【Swift Playgrounds】

https://www.apple.com/jp/swift/playgrounds/
学習環境:iPadのみ
対象年齢:11歳~
料金:無料
特徴:iPadのみ、アップルが開発した遊びながらAppleの開発で使われる言語「Swift」が学べるアプリ。ヴィジュアルプログラミングでなく、コードを書くので、実際のコードを扱いながらドラッグ&ドロップでプログラミングできるように工夫されている。自由制作のアプリとしても使える。

【トライビットロジック】

https://www.himacs.jp/sp/app/trybit_logic/
学習環境:スマホ、タブレット
対象年齢:4歳~
料金:無料(レベルに応じて課金あり)
特徴:ゲームで有名なNintendoが開発しているアプリ。遊びながら、プログラミングに必須の論理演算を習得することが可能。

【Springin’(スプリンギン)】

https://www.springin.org/jp/
学習環境:iPhone,iPad
対象年齢:小学校低学年~
料金:無料
特徴:iPhoneやiPadを使って、画面に指で絵をかいたり、アイコンをタッチしたり、シンプルな操作でゲームなどを作れるアプリ。「プログラミングしている」感覚がなく、より作る楽しさに集中できるように工夫されている。

【GPリーグ プログラミングコロシアム】

https://gpleague.jp/
学習環境:タブレット
対象年齢:小学校低学年
料金:無料
特徴:キャラクターをプログラムで動かしステージ上のポイントを集めるゲーム。プログラムはアイコンを並べるだけのとてもシンプルな操作で低学年からでも取り組めプログラミングの基礎に慣れ親しむことができる。

【GLICODE】 

http://cp.glico.jp/glicode/
学習環境:スマホ、タブレット
対象年齢 4歳~
特徴:ポッキーをルールに従って並べるだけで、誰でも手軽に遊びながらプログラミングの基礎的な考え方を学習できる。

【ピョンキ―】

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%94%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC/id905012686
学習環境:スマホ、タブレット
対象年齢:
特徴:スクラッチをもとに作られているので、保存したファイルはスクラッチと同じ。スクラッチで作ったものをピョンキ―で編集したり、ピョンキ―で作ったものをスクラッチで動かしたりできる。

【Digital puppet(デジタルパペット)】

https://apps.apple.com/jp/app/digital-puppet-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB/id1083876164
学習環境:スマホ、タブレット
対象年齢:4歳~
料金:無料
ログラミングパズル Digital Puppet – デジタル パペットはとてもシンプルで美しいプログラミングパズルゲーム。 パペットの行動をプログラムして、敵を全滅させよう! プログラミング思考でパペットの行動をコマンドでうまく制御しよう!

【ポケットコード】 

https://share.catrob.at/pocketcode/
学習環境:スマホ、タブレット
対象年齢:7歳~
特徴:「ポケットコード」はキャロットバットという非営利プロジェクトが開発して、配信しているandroid対応のアルゴリズム・プログラミング学習ゲームアプリです。

Share this!